天文学教室教員紹介―成田憲保

last-update:2017/04/25

  成田 憲保(なりた のりお)

研究分野

系外惑星、アストロバイオロジー

研究テーマ

太陽系外惑星系の観測と新しい観測装置開発
アストロバイオロジーのための分野間連携研究

研究内容の概要

1995年に太陽以外の恒星で初めて惑星(系外惑星)が発見されてから、宇宙には多様な姿の惑星系と系外惑星が存在することがわかってきた。これらの多様な惑星系がどのようにしてできたのか、そしてそれぞれの惑星はどんな性質を持っているのかを明らかにすることを目指して研究を行っている。特に現在は、2018年に打ち上げられる新しいトランジット惑星探索衛星TESSを念頭に置いて、新しい観測装置の開発とトランジット法などによる惑星の発見や性質調査を中心とした研究を行っている。また、学際的な研究分野として最近認知度が高まっているアストロバイオロジーの研究に取り組むため、惑星科学、生物学、化学など異分野の研究者の方々との分野間連携研究を行っている。

キーワード

系外惑星、トランジット、TESS、観測装置、アストロバイオロジー

ホームページ

http://esppro.mtk.nao.ac.jp/~narita/