天文学教室談話会

last-update:2017/02/21

通常は 火曜日の16:30 より東京大学理学部1号館西棟11階1109号室(天文学専攻会議室)にて開催しています。

  次回

第1616回 2017年2月28日(火)

巨星を巡る系外惑星探索の新展開

佐藤文衛 (東京工業大学)

惑星をもつ恒星の微小な視線速度変化をとらえる視線速度法によって、
これまでに約100個の惑星が準巨星及び巨星の周囲に発見され、それら
の質量や軌道要素、存在頻度等の統計的性質が議論されてきた。しかし、
特に巨星の質量推定には大きな不定性があり、そのことが統計的性質の
解釈を困難にしてきた。また、巨星はサイズが大きいため木星サイズの
惑星のトランジットを検出するのも地上からは困難であり、惑星本体
の理解も進まない状況にあった。しかし近年、ケプラー宇宙望遠鏡に
よる超高精度の測光観測によって巨星周りのトランジット惑星系が初めて
発見され、さらに星震学によって巨星の質量や進化段階も詳しく調べら
れるようになり、進化した恒星を巡る惑星系の研究は新たな展開を迎えて
いる。本講演では、岡山188cm望遠鏡やすばる望遠鏡による巨星周りの
惑星に関する最近の観測成果を紹介しながら、巨星を巡る系外惑星探索
の今後の戦略を議論する。
PDF

  今後の予定

 

2017年3月7日(火)

吉井讓 (天文学教育研究センター)
銀河研究の昨日今日明日
PDF

柴橋博資 (天文学教室)
時の過ぎ行くままに、星震学への進展
PDF

 

2017年3月21日(火)

今野彰 (天文学専攻宇宙線研D3)

 

2017年3月28日(火)

Michael Feast (University of Cape Town)

 

 

  本郷キャンパスでの天文・宇宙物理関係のセミナーアナウンスについて

東大本郷キャンパスの天文・宇宙物理関連のセミナーをアナウンスする際は、
hongo-astrotalks (at-sign) astron.s.u-tokyo.ac.jp
をお使いください。 このアドレスにメールを出すと、以下のグループの構成員に展開されます。

  • 天文学教室
  • 物理学教室
    • 安東研究室
    • 宇宙理論研究室
    • X線研究室
    • 山本研究室
  • RESCEU

幅広い関係者にメールが展開されることに留意して、多くの人が興味を 持ちそうなセミナー・教室談話会などのアナウンスにお使いください。

  過去の談話会