天文学教室談話会

last-update:2017/03/15

通常は 火曜日の16:30 より東京大学理学部1号館西棟11階1109号室(天文学専攻会議室)にて開催しています。

  次回

第1619回 2017年3月21日(火)

Lyα光度関数で探る銀河進化と宇宙再電離

今野彰 (天文学専攻宇宙線研D3)
Lyα 輝線天体 (LAE) は、Lyα 輝線を強く放射する天体である。また、
多くの LAE は若い低質量の星形成銀河であると考えられているため、
LAE の統計的な観測量である Lyα 光度関数 (Lya LF) は、銀河進化と
宇宙再電離を調べる一つの手法となる。過去の Lya LF の研究においても、
すばる望遠鏡等を用いた LAE 探査や、銀河進化・宇宙再電離の研究が多々
行われてきた。しかしながら、LAE サンプルの大きさと Lyα 光度範囲が
限られていたことで、Lya LF の進化などについて明確な結論が得られて
いない課題も残されていた。我々は、すばる望遠鏡の Suprime-Cam と
Hyper Suprime-Cam 探査で得られた広領域かつ深撮像狭帯域画像を用いて、
赤方偏移 2-7 の LAE を多数検出し、各赤方偏移で Lya LF をこれまでに
無く高い精度で決定した。本講演では、これらの Lya LF を用いて
銀河進化と宇宙再電離に関する新たな知見を紹介する。

PDF

  今後の予定

 

2017年3月28日(火)

注:東京大学理学部1号館中央棟1042+1043号室にて開催します
Michael Feast (University of Cape Town)

The structure of our Galaxy: Observational progress and problems

A general overview will be given of our current understanding
of the structure of our Galaxy, ranging for the Central Nuclear Cluster to the outer
Disc and Halo. An attempt will be made to show how Japanese -South African collaborative
work has contributed significantly to this highly active area of research.

PDF

 

  本郷キャンパスでの天文・宇宙物理関係のセミナーアナウンスについて

東大本郷キャンパスの天文・宇宙物理関連のセミナーをアナウンスする際は、
hongo-astrotalks (at-sign) astron.s.u-tokyo.ac.jp
をお使いください。 このアドレスにメールを出すと、以下のグループの構成員に展開されます。

  • 天文学教室
  • 物理学教室
    • 安東研究室
    • 宇宙理論研究室
    • X線研究室
    • 山本研究室
  • RESCEU

幅広い関係者にメールが展開されることに留意して、多くの人が興味を 持ちそうなセミナー・教室談話会などのアナウンスにお使いください。

  過去の談話会